東芝の再生を託され、2018年4月に外部からトップに招へいされた。銀行出身らしく、資本コストを重視。中期経営計画でもコスト対策を優先する。IoTビジネスでも競争力のある領域に特化する考えだ。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=陶山 勉)
PROFILE

車谷 暢昭[くるまたに・のぶあき]氏
1957年生まれ。東京大学経済学部卒業後、80年4月に三井銀行(現三井住友銀行)入行。2007年執行役員経営企画部長、12年三井住友フィナンシャルグループ常務執行役員を経て、15年4月に同グループ副社長執行役員。17年4月に退任。CVCキャピタル・パートナーズ日本法人会長兼共同代表、シャープ社外取締役を経て18年4月から現職。趣味はゴルフとスポーツ観戦、音楽や歌舞伎などの芸術鑑賞。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4203文字 / 全文4567文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。