全4632文字

北海道発のドラッグストアが売上高で2017年にマツモトキヨシを抜いて業界2位に躍り出た。積極的なM&Aで、くすりの福太郎(千葉県)などを傘下に収め、店舗数は日本一となっている。競合がコンビニやスーパーに広がる中、次のドラッグストア像を探る。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=村田 和聡、以下同)
PROFILE

堀川 政司[ほりかわ・まさし]氏
1977年旭川工業高校卒、ツルハ入社。東北地方への進出など店舗開発を長く担当した。97年ツルハ取締役、2008年ツルハHD取締役専務執行役員・グループ店舗開発担当。14年に創業家以外で初めてツルハHD社長に就任した。15年にレデイ薬局(愛媛県)、17年に杏林堂薬局(静岡県)、18年にビー・アンド・ディー(愛知県)と立て続けに買収を進め、17年に売上高で業界2位となった。

ドラッグストア業界は合従連衡が進み、企業数が激減しています。競争が激しくなるなか、ツルハホールディングス(HD)は2055店(2月15日時点)と業界で最も店舗が多くなりました。

 店舗数にはずっとこだわってきました。ドラッグストアの商品はほとんどがナショナルブランドで、あまり差が付かない。そうするとプライベートブランド(PB)が重要になる。そのためには販売力や一定の店舗数が必要です。2019年5月期は新規に130店出店する計画です。でも、ツルハだけでは1年に3桁の数は出せないですね。