前回までのあらすじ

 株も土地もどんどん値上がりする好景気が日本を覆っていた。銀行は貸し出しを増やし、スーパーマーケットのセイヨーは高級リゾートに投資、スーパーサカエも出店を加速、また借入金を株に投資する食品スーパーなど、多くの企業がバブルに巻き込まれていった。フジタヨーシュウ堂の藤田俊雄と大木将史は経営の効率化に取り組む一方、世の中の流れに不安を募らせていた。

(前回を読むには、こちらをクリックしてください)

 いつの間にか俊雄も将史も、食品スーパーの社長、脇谷崇史の気持ちになってしまったのか、沈痛な表情になっている。

 「それは大問題ですよ」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5122文字 / 全文5398文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題