前回までのあらすじ

 スーパーマーケット大手のフジタヨーシュウ堂は、コンビニエンスストア事業を成長させたが、中間期決算が初の減益となる。専務の大木将史は、不良在庫が積み上がっていることに着目し、スーパーマーケット事業の構造改革が必要だと幹部社員を鼓舞する。それは一方で、問屋との関係を重視する社長、藤田俊雄の経営手法からの転換を意味した。俊雄は悩みながらも将史の決断を尊重した。

(前回を読むには、こちらをクリックしてください)

6

 「どう、あなた、大木さんに任せて上手く行っているの?」

 小百合がテーブルに紅茶を運んできた。

 「上手く行っているようだね。私はあまり口を出さないようにしているんだ」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5037文字 / 全文5465文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題