前回までのあらすじ

 業界の常識を覆す、商品の小分け配送に加え、正月三が日も焼き立てのパンを売るなど、コンビニエンスストア 「アーリーバード」の挑戦はメーカーを巻き込んでいった。親会社である大手スーパー、フジタヨーシュウ堂社長の藤田俊雄は、アーリーバードを専務の大木将史に任せ、口をはさまず見守る姿勢を貫いた。アーリーバードは売り上げを伸ばし、業界内に賛同者を増やしていった。

(前回を読むには、こちらをクリックしてください)

 将史がいきなり「おにぎりを売ろう」と言い出したので、部下の水沢秀治たちは驚いた。

 「おにぎりですか?」

 水沢が聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5139文字 / 全文5507文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題