高い有効性と安全性を示す

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 mRNAはゲノムに書かれた遺伝情報を基にたんぱく質をつくる過程で生じる物質だ。これを体外で人工合成して投与すると、遺伝情報に従って目的のたんぱく質をつくり出す。

 遺伝情報が分かればワクチンを設計でき、新型コロナウイルスの流行初期に中国当局がウイルスのゲノム情報を公開して1年足らずで実用化できた。体外でウイルスを増殖して不活化処理をする従来の不活化ワクチンならこうはいかなかっただろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4609文字 / 全文5637文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「第2特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。