ロシアの2020年の名目GDP(国内総生産)は1兆4785億ドル。10位の韓国に次いで世界11位の経済規模だ。原油供給量は米国、サウジアラビアに次ぐ3位、天然ガスも米国に次ぐ2位で、パラジウムやアルミニウム、ニッケル、プラチナなどの希少金属も3位内に入る資源大国だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 原油とガス産業からの税収などが歳入に占める比率は、原油価格が大きく下がった20年を除いて、この15年余りは約40~50%を占めている。製造業を中核とする日本と中国、ドイツや、金融とIT(情報技術)で世界の頂点に立つ米国とは産業構造が異なる。日本を含む西側の経済制裁は、そこを狙った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3772文字 / 全文4827文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「第2特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。