未来のニーズを逆算

 ではなぜ同社は、誰も起こることなど予想していなかったパンデミック発生前に準備できたのか。それは、未来に求められる技術を事前に予測し、そこから逆算して開発を進める「リバースディスカバリー」の手法を採用していたからだ。

 モデルナは、通常の起業とは全く異なるプロセスを経て誕生している。事業モデルを着想したのは、共同創業者のアフェヤン氏。彼自身も米マサチューセッツ工科大学(MIT)でバイオケミカルの博士号を取得した科学者だ。1989年に研究機器の会社を設立して成功を収め、98年に大手メーカーに売却。99年にバイオ関連のスタートアップを育てるインキュベーション会社を設立した。現在、同氏がCEOを務めるフラッグシップ・パイオニアリングの前身だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4661文字 / 全文6374文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「第2特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。