この記事は日経ビジネス電子版に『星野リゾート代表「100%教科書通り」の経営が会社を強くする 』(12月10日)として配信した記事など合計7本を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月27日号に掲載するものです。

経営学の「教科書」を活用して、持続的な成長を実現する企業が注目を浴びている。星野リゾート、スノーピーク、YKK、エレコムなどはトップ自らが「教科書経営」を実践する。科学的に検証された手法を使い、企業の競争力を高める経営から学べることは多い。

<span class="fontBold">ドラッカー、コトラー、ポーター、クリステンセンなどの大物経営学者に加えて、エンパワーメントのブランチャード、ブランド戦略のテイラーなどの著書も脚光を浴びるようになった</span>
ドラッカー、コトラー、ポーター、クリステンセンなどの大物経営学者に加えて、エンパワーメントのブランチャード、ブランド戦略のテイラーなどの著書も脚光を浴びるようになった

星野リゾート 星野 佳路 代表
「教科書通り」の経営の正しさは証明されている

 

 「自社の課題に合った教科書を選び、書いてある通り経営してきた」。星野リゾートの星野佳路代表はこう言い切る。社員とも教科書を共有し組織の競争力を高める経営の極意とは。

 
(写真=栗原 克己)
(写真=栗原 克己)

 「教科書通りの経営」と聞くと現実に即していない理想論の経営のようなイメージを持つ人も少なくないだろう。実際、経営学の教科書は“机上の空論”になりがちであまり役に立たないといった意見も耳にする。

 だが、本当にそうだろうか。経営学の教科書は緻密な研究に基づいて書かれており、その内容は信頼度が高い。それをマネジメントに生かせば成功確率を上げる可能性も高まるはずだ。実は強い会社には「教科書」があるケースも目立つ。経営の羅針盤となり、それぞれの現場に即した形で活用すれば、競争力を持続的に高められるからだ。

 もちろん教科書を「どう使えばいいか分からない」という声もあることだろう。まずは「教科書通り」の経営を実践するという星野リゾートの星野佳路代表の声に耳を傾けてみよう。

そもそも、なぜ経営学の教科書を実際の経営に生かそうと考えたのでしょうか。

 私は経営職に就いた当初から自分が特別な資質を持っていると思っていませんし、自分の直感も信じていません。だからこそ、経営に科学を取り入れるべきだと考え、教科書を経営の根拠に置いています。自社の課題に合った教科書を選び、教科書に書かれている通りに経営してきました。

 私が使うのは研究者が書いた教科書であり、いずれも企業の事例の積み上げから法則を導いています。その内容は例えば医学や化学と同じ科学の世界であり、正しさが証明されています。

教科書を生かすメリット

教科書を生かすメリットは具体的にどんな点にあるでしょうか。

 例えば、企業の戦略は効果を発揮するまで時間がかかるため、その過程ではどうしても迷いが出てきます。経営を直感に頼っている場合、なかなか成果が上がらないと「戦略がよくないからではないか」と考え、別の戦略に変更したくなるのです。

 一方、教科書通りの経営の場合、教科書の正しさは証明されているのですから、結果がすぐに出なくても迷うことがありません。うまくいかないときに「戦略を変えよう」と考えるのではなく、私は「なぜ結果が出ないのだろうか」という形で思考が働きます。ここから微調整に入ったり、教科書通りにできていない部分があるのではないかと考えて確認したりしていきます。その結果、失敗のリスクを減らすことができます。

 直感に頼った経営は何をどうすればできるようになるのか分からないため、学ぶことができません。経営者のセンスに依存した経営はサステナブル(持続可能)ではないと思います。教科書を使えば、特別な努力をしなくても教科書通りに実践することで、誰もが経営できるようになります。その違いは大きいと思います。

「教科書は正しくても、実際の経営に当てはめるのが難しい」という声も耳にします。

 実践の方法は教科書に書いてあります。教科書と実際の経営に違いはない、と実感しています。

 「自社に当てはめられない」という場合、他に何を頼りにしているのでしょうか。教科書の使い方が分からないのに、なぜ実践で戦略を立てられるのかが私には分かりません。

 ライバルが「教科書と現実は違う」と思っている場合、正しさが証明されている教科書通りに実践する経営は差異化につながります。では、どの会社も教科書通りの経営をする場合はどうでしょう。その場合も「経営者の才覚が問われる」とは思いません。私は「才覚で経営ができるのだろうか」とずっと思っています。世界中に研究者がいて新しい理論がどんどん生まれています。企業が置かれているポジションもそれぞれ違うので、あくまでも教科書通りに進めることでミスを減らすことができます。

自社に合った教科書はどのように選んできたのでしょうか。また選んだ本はどう読んでいますか。

 書店で探すことが多いですね。インターネット通販でも購入しますが、自社の課題に沿っているかどうか確認するのは、少し読んでからのほうがいい。それには書店での立ち読みが合っています。少し読みながら、シンプルな理論であること、自社の課題に直接的に答えてくれるかどうかなどをポイントに選びます。教科書を通して知りたいのは、あくまでも研究者が多くの企業の成功事例から導き出した法則ですから、選ぶのは研究者の本だけです。科学的に証明されているからこそ価値があり、研究者が証明した成果の上にこそ、自社が求めている次のステップがあります。経営者の成功ストーリーは内容が面白くても一つの事例ですから、私には参考になりません。

次ページ 星野リゾートの新しい教科書