<span class="fontBold">会社は2014年から休業中だ</span>
会社は2014年から休業中だ

 資金繰りに窮し、告発から約10カ月後に休業に追い込まれた。大企業に歯向かったことへの見せしめだと感じたが、圧力には屈しない。JR大阪駅前の陸橋で座り込みをし、支援を募った。その輪が広がり、04年には営業を再開したが、14年に再び休業。借金は13億円に膨らんだ。

<span class="fontBold">「父の行動は尊敬しているが、社員も生活があった。妹へのフォローももっとすべきだった」と複雑な心境を話す長男の甲太郎さん</span>
「父の行動は尊敬しているが、社員も生活があった。妹へのフォローももっとすべきだった」と複雑な心境を話す長男の甲太郎さん

 私生活でも思わぬ事態が襲いかかった。真麻さんが17歳のとき、自宅マンション14階から飛び降りた。命は助かったが、脇から下が動かなくなり、今も車椅子生活を余儀なくされている。当時、真麻さんは中高一貫の私立中学校に通い、バレーボールに打ち込んでいた。だが告発後、一家の生活が困窮し進学を諦めた。真麻さんは公立高校に進学したが、不良仲間とつるむようになり精神安定剤を大量に服用していた。水谷さんは「多感なときにもっと寄り添っていたら事故は防げたかもしれない。父親としては失格だった」と悔やむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4474文字 / 全文5834文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「第2特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。