顔が見える野菜への評価

 プランツラボラトリーがテナントとして入り、西友は賃料を受け取る代わりに育ったレタスを全量買い取る。つまり、植物工場そのものを“店舗”として誘致したに等しい。そのままでは何の収益も生まない空きスペースが、レタスという食品スーパーにとっての売れ筋商品を生む“畑”に化けた。

 西友が店内に植物工場を取り入れ始めたのは20年2月だった。上福岡店(埼玉県ふじみ野市)3階の150m2ほどの区画にプットファームを導入し、レタスの水耕栽培を始めた。「GMS(総合スーパー)という業態のビジネスがだんだん苦しくなってきている中で、店内の空きスペースをどう有効活用していくのか。その課題に対するアプローチとして、非常に面白いと思った」と由佐氏は振り返る。

 生産や販売が軌道に乗ったため、2号店として選んだのが大森店だった。西友の基幹店であり、食品の売り上げも大きい。生産量も面積当たりの生産効率も上福岡店より引き上げ、毎日360株程度を収穫できる体制を整えた。いまや大森店近郊の30店舗以上にも、この「西友産レタス」が出荷されている。コロナ禍で食の安心、安全への意識が高まる中、「顔が見える野菜」として引き合いが増えているのだ。

 LEDなどの人工光を使って野菜を育てる植物工場は初期投資の高さがネックだった。栽培面積を確保するため、数億円から数十億円を投じて地方に大規模工場を建て、育てた野菜を時間をかけて大都市に運ぶ。自治体の補助金頼みの側面も大きく、輸送費などが販売価格に上乗せされる傾向があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3822文字 / 全文5329文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。