新型コロナウイルス禍によって、人と人との交流が難しい状況が続いている。打開に向けてデジタル技術を駆使した「もう一人の自分」と言えるアバターの活用が広がり始めた。新たなビジネスが次々と芽吹いている。アバターは「会えない時代」を乗り越える切り札になりそうだ。

バーチャル同人誌即売会では多くの人がアバターで交流

 1月末の土曜日の昼、記者は自宅のパソコン上で「バーチャル同人誌即売会」のサービスに接続した。黒の軍服風ジャケットをまとった青年のアバターを「分身」として選び、いざ仮想空間に飛び込んだ。

電車に乗って会場に向かう

 そこにはJRならぬVRマークが記された「NEO代々木駅」が待っていた。駅の地下に階段で降りてホームでしばらく待つと、暗闇の中から列車が走行音とともに滑り込んできた。開いたドアから乗り込むと列車は再び走り出し、暗い車内で「NEO国際展示場」行きを告げるサインが光る。数十秒後、視界が開けて青空に浮かぶ会場が見えた。

アバターにより、店舗探しを楽しめた

 会場では参加者の好みに合わせたアバターたちが歩き回り、近寄るとざわざわと話し声が聞こえる。実際のイベント会場を訪れたような没入感がある。同人誌を販売するブースでは即売会ならではの光景を目にした。「前から気になっていて今日絶対来ようと思っていました」「お話できてうれしいです」。お目当ての同人誌を買いに来たファンの女性のアバターが、作家のアバターとボイスチャットで交流を楽しんでいた。

1000人集まる空間の潜在力

 「販売機能だけのオンラインイベントではすぐに飽きられる。電車に乗る、スロープを歩くなど、無駄とも思える遊びを取り入れることで、実際に会場に来たようなワクワクする臨場感を出せるようにした」。即売会のシステム開発を手掛けたmonoAI technology(モノアイテクノロジー、神戸市)の山下真輝執行役員は開発の裏側を語る。

 この即売会はモノアイのバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD」をベースに開発した。モノアイは数年前からアバターを使ったバーチャルのイベントシステムを開発していた。コロナ禍で大型会場を使ったイベント開催が難しくなり、非接触型システムへの需要が高まった。これを受け、2020年7月にXR CLOUDの提供を始め、年末にはアプリ版も導入した。

 XR CLOUDは大規模同時接続が強みだ。今回は1つのバーチャル空間で同時に1000人、即売会全体で1.5万人が参加できるようにした。数千~数万人のアバターが同時に接続し、実際にチャットで交流できる。海外も含め、これほど多人数で同時接続を実現できるバーチャル空間は珍しいという。

 それが可能なのはゲームの技術を応用したため。モノアイは多人数がオンラインで参加し、同じ空間でチャットをしながら敵と戦うゲームのシステム開発で培った独自の通信技術を持つ。

続きを読む 2/5 「あつ森」は初歩でしかない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4358文字 / 全文5851文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。