人材の流出を防ぐ狙いも

 今、大企業によるスタートアップ設立が広がっている。下の表に示したように業種は様々。その多くは、30代の若手社員が起案し、社長に就いて経営を担っている。

若手社員らによるスタートアップ設立が相次ぐ
●大企業発祥の主なスタートアップ
<span class="fontSizeM">若手社員らによるスタートアップ設立が相次ぐ</span><br /><span class="fontSizeS">●大企業発祥の主なスタートアップ</span>
注:デロイト トーマツ ベンチャーサポートの調査などを基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4524文字 / 全文5736文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。