この記事は日経ビジネス電子版に『日本電産永守氏×MS&AD柄澤氏 偏差値で計れぬ異能育てる』(12月14日)、『日本電産永守氏×MS&AD柄澤氏「頑張った人が報われる社会つくる」』(12月15日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月21日号に掲載するものです。

新型コロナウイルスの感染拡大で制約が残るものの、企業の成長に人づくりは欠かせない。大学改革を進める日本電産の永守会長とダイバーシティーに力を注ぐMS&ADの柄澤会長が、人材の育成・活用をテーマに徹底議論した。(対談は11月16日に開催し、日経ビジネスLIVEとして生配信。一部、配信終了後の議論を含む)

新型コロナの感染拡大を踏まえ、十分なソーシャルディスタンスを確保し対談を実施した(写真=太田 未来子)

永守さんは京都先端科学大学(KUAS)に私財130億円を投じて改革を進めています。大学の何を変えようとしているのですか。

永守学園理事長 日本電産会長CEO
永守重信氏
1944年生まれ。67年職業訓練大学校(現・職業能力開発総合大学校)電気科卒。73年に日本電産を創業、社長に就任。世界一のモーターメーカーに育てた。2014年から会長兼務。18年6月から会長CEOに。私財130億円を投じて京都学園大学(現・京都先端科学大学)の改革に乗り出し、同大学を運営する京都学園(現・永守学園)理事長に就任。(写真=太田 未来子)

永守重信・永守学園理事長 日本電産会長CEO(以下、永守氏):日本電産を1973年に創業してから、いろいろな大学から人材が集まってきました。今日まで47年間、大学と大学院の新卒者をおよそ1万人採用してきております。

 そういう卒業者を見ていると、大学を出ても、英語はしゃべれない、専門性を持った者も少ない、礼儀作法なんかも怪しい。

続きを読む 2/5 「教」はあっても「育」がない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4841文字 / 全文5768文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。