いまだ残る“奴隷”制

各国・地域で規制が強化されている
●「責任ある調達」を巡る法制化の動き
各国・地域で規制が強化されている<br /><span class="fontSizeXS">●「責任ある調達」を巡る法制化の動き</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 現代奴隷──。この言葉が今、世界の産業界で注目されている。

 国際労働機関(ILO)などが17年に発表した推計では、世界には4000万人を超える現代奴隷制の被害者が存在するという。現代奴隷制とは、強制労働や人身売買、強制結婚などで望まない仕事を強いられることを指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4431文字 / 全文5366文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。