全5649文字
コーヒーなどの注文や決済はすべてアプリで完結。店舗は精算業務をする必要がない

 ラッキンコーヒーがここまで急拡大できた最大の理由は、中国で「焼銭」といわれる採算度外視のプロモーションと出店戦略にある。「5個買ったら5個プレゼント」など派手なクーポン攻勢により、SNS(交流サイト)や友人、同僚間で話題にしてもらい、利用を促す。

 アプリから注文すればよく、店舗に滞在してもらう必要もない。目立つ看板をぶら下げたり、快適なソファを用意した路面店はいらず、固定費を削減できる。精算ミスや盗難といった現金商売につきもののリスクもなくなった。

 深圳市で働く中国人のエンジニアは「おいしさはスターバックスと遜色ない。安くて便利なぶん、ついついラッキンコーヒーを使ってしまう」と笑う。