英国は世界で2番目に ECを利用する割合が高い
●世界主要国のEC化率(2017年)
英国は世界で2番目に ECを利用する割合が高い<br /><span class="fontSizeXS">●世界主要国のEC化率(2017年)</span>
出所:経済産業省の資料を基に作成

 英国の全ての商取引におけるEC(電子商取引)の割合は19.3%。中国に続き世界2位のネット通販大国だ(日本の経済産業省調べ)。EU統計局の17年の調査によると、英国は「過去1年間にネットで商品を購入した」という国民の割合が、約8割とEU各国の中で最高だった。米調査会社、eマーケターによると、英国の18年のネット通販の市場規模は13兆5000億円で、前年に比べて1割増えている。人口は約6600万人だが、ネット経由の買い物の総額は日本を上回っている。

 英国の人口密度は1km2当たり268人で、欧州主要国の中でも日本に近く、効率的な宅配サービスが構築しやすい。英語圏ゆえに、米国のIT企業がネットを利用した新サービスを投入しやすく、既存小売業の淘汰が世界のなかでいち早く起こっている。いまだリアル店舗が強い日本にとって、英国の小売りの状況は未来を映す鏡とも言える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4320文字 / 全文5615文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。