地滑りの予兆捉えるIoT

 気象情報会社が降水を予測する場合は一般に、国内約1300カ所の気象観測所で構成される気象庁の無人観測施設「アメダス」の観測データを基にする。加えて、気象庁が全国20カ所に設置している、最大半径400kmの範囲を観測する気象レーダーも活用する。このレーダーでは上空の降雨状況を調べるため、2km以上の高度にある雨雲を把握している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2993文字 / 全文4469文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。