仕掛け人は世界を旅した日本人

 実はKITを作ったのは猪塚武氏、日本人だ。アクセンチュアを経て1998年にデジタルフォレストというアクセス解析の会社を創業した起業家でもある。だが2009年にデジタルフォレストをNTTコミュニケーションズに売却、教育事業に飛び込んだ。

 デジタルフォレストを経営するさなか、急速に台頭し、自らのビジネス分野を席巻していくグーグルを目のあたりにし「英語ができるIT人材がいないから日本はグーグル含めGAFAには勝てない。日本の英語教育を変えなければ」と決心した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4489文字 / 全文5823文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。