要望を受けて京都市は、法令とマナーの順守を呼びかける実証事業を10月から3カ月間実施することを決めた。祇園を訪れた人のスマートフォン(スマホ)に観光ルールをまとめた「エリアメール」を配信したり、多言語対応可能な巡視員を配置したりする。「効果を確認して、その後の対策を検討する」(京都市の西松卓哉観光戦略課長)

 協議会はさらに、私道での写真撮影を禁止するルールを設ける。祇園町南側地区は、花見小路以外の大半の路地が私道であり、ここでの撮影を制限することで、SNS(交流サイト)への投稿目的で来る外国人を減らせ、住民や客のプライバシーも守れると考えた。祇園の風情を守るための苦渋の選択だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2841文字 / 全文4201文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。