1990年代、日本の農業は輸入自由化という大きな変化に見舞われた。牛肉・オレンジ、コメ……。米国の再三にわたる圧力にさらされた。政・官・農協は徹底した保護に走ったが、農業を強くしたとは言えない。

 日本の農業にとって1990年代は大きな転換点となった。91年に牛肉・オレンジでそれまで設けられていた輸入枠が撤廃となり、自由化された。93年には、それまで輸入が禁止され、農産物の中でも「聖域」になっていたコメの輸入を一部認めることとなり、99年にはついに牛肉などと同様に関税さえ払えば、自由に輸入できるようになった。動かしたのはいずれも米国の強い圧力だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4870文字 / 全文5184文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。