1ドル=80円を割り込む超円高に見舞われた1990年代。企業は工場の生産革新と海外移転を並行させて生き残ろうとした。だが、結局利益率は海外でも低いまま。グローバル戦略は描けなかった。

 1990年秋、就任して間もない頃から進み始めた円高を前にアイワの社長、卯木肇はほくそ笑んだ。

 「またチャンスが来るぞ」

 ソニー専務から86年2月にアイワ副社長に転じるや、前年秋のプラザ合意後の円高に苦しむ他社を尻目に卯木は、ほぼ国内だったAV製品の生産をシンガポールなど海外に思い切って移した。「(為替換算を含めた)人件費など生産コストの低いところで作り、高いところで売る。経済の原則に沿って動くだけだ」。こううそぶきながら思い切った手をどんどん打った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4804文字 / 全文5167文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。