1980年代は貿易摩擦の時代だった。半導体、自動車、金融……。キャッチアップする日本をたたくような圧力は今の「米国第一」に通じる。交渉力が経済と産業の強さを左右し、半導体は世界一から転落した。

 後に大蔵省(現・財務省)財務官を務める内海孚が米財務省に呼び出しを受けたのは、1983年10月6日のことだった。大蔵省から米ワシントンの日本大使館に公使として赴任して4カ月ほどたった頃。突然のことに驚きながら“予感”もあった。

 日米は70年代後半から貿易問題でぎくしゃくし続けていた。76年鉄鋼、77年カラーテレビ、81年自動車……。日本メーカーが米国市場で不当な安売りをしているとするダンピング提訴や、集中豪雨的な輸出への反発など対立は激しくなるばかり。事実上、この問題への対処が主要任務だったからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4902文字 / 全文5291文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。