戦後長く続いた右肩上がりの地価。1980年代は土地神話の絶頂に。希代の起業家、ダイエー・中内㓛とリクルート・江副浩正は翻弄された。地価高騰を利して事業を拡大するも、神話崩壊で表舞台から退場した。

 かつてダイエーを売上高で日本一の流通企業に押し上げた中内㓛は晩年、1970年代末から80年代を回想してこう言っている。

 「そのときは、地価は必ず上がるという土地の神話がありましたからね。だから土地を担保にさえしておけば、担保はしっかりしている。銀行もそう思っていましたし、われわれも土地神話の中に、ある意味では埋没していましたね」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5168文字 / 全文5474文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。