EV時代、自動車メーカーはどう生き残る?

「特集 EV電池戦争」(2/8号)

 電気自動車(EV)が主流になったときに、最も危惧する点が価格帯が大きく変わると思われることだ。モーターになると、エンジン車に比べて、部品点数は大幅に減り、高度な技術も不要になるだろう。電池に関しては、アライアンスを組んでのビジネスとなりそうだ。すると、一定の占有率を持ち、安定したビジネスを遂行してきた自動車メーカーはその地位が揺らぐことになる。全く新しいプレーヤーによって構成される自動車業界の将来に、日本企業含め、従来の自動車メーカーがどう生きていくのかが最大の課題だ。

越後 博幸(神奈川県、マーケティングコンサルタント、71歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り342文字 / 全文649文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。