創業者の危機への対処、覚悟、認識力に感服

「特集 危機を越える ファウンダーの教え」(2/1号)

 記事を読んで、改めて創業者の危機に対する対処方法と覚悟、そして現状認識の卓越した能力に感服した。「悪い情報ほどトップに上げろ」とよく言われるが、果たしてどれだけの企業が実践できているだろうか。情報を受け取るトップに「悪い情報を伝えてくれてありがとう」という気持ちがなければ、現場は良くない情報を上げられない。早く情報を上に伝えていればボヤで収まったところが、結局は大火になり、一大事となったことは何度も経験している。やはり、歴史に残る創業者は偉大だ。

新居田 清人(兵庫県、無職、63歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り968文字 / 全文1265文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。