店員の育成、時間がかかると改めて実感

「ケーススタディー ブロンコビリー」(11/16号)

 家族でよくブロンコビリーを利用しているが、店舗によってオペレーションに差があるということをすごく感じていた。今回の記事を読んで、店長をはじめ、そこで働く若手の店員を育成するのは時間がかかる仕事で大変だと改めて認識した。

 しかし、ブロンコビリーは他の外食チェーンよりも店舗による差は少ないようにも感じており、安心して楽しめている。グルメサイトなどに頼らず、独自で集客キャンペーンを行っている点にも好感を持った。今後の取り組みに期待したい。

稲垣 真太郎(岐阜県、公務員、39歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り946文字 / 全文1236文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。