日本の技術、ブランド力で危機を逆手に

「特集 食糧危機という勝機」(11/23号)

 食料自給率の低い日本が危機を逆手に取るためのプラス思考を見た気がする。食糧問題に対する潜在力と技術力、日本の農産品のブランド力がすごいことが知れた。高級品のマスカットは甘く、宝石のごとく。トマトや温州ミカンもしかり。いずれサーモンは山の上で養殖可能とある。驚くばかりである。

 国連世界食糧計画(WFP)のSDGs(持続可能な開発目標)が昨今、人々に認識され始めている。食糧廃棄を減らすには、人々の意識改革が必要であり、足るを知らなければならない。世界の飢える人々にも救いの手が差し伸べられ、地球上の人類が危機的状況に陥らないことを願う。

後藤田 郁子(大阪府、主婦、59歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り912文字 / 全文1250文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。