自動車業界は再編で冬の時代に突入か

「特集 どこへ行く 日産」(6/29号)

 自動車用部品生産に携わっている者として、国内販売が確実に今後減少していく中で各社がどのように経営戦略を進めていくのだろうか、と思う。これからの10~15年で日系メーカーは、トヨタ、日産、ホンダの3グループを中心に再編されるかもしれない。現状のまま国内メーカーの各社が生き残るのは難しいだろう。国内工場の閉鎖といったニュースを聞くが、自動車業界には厳しい状況が将来待ち受けているのかもしれない。

濱岡 隆文(愛知県、会社員、50歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り951文字 / 全文1211文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。