コロナ禍で構造変化、企業はDX浸透が必須

「特集 コロナ大再編」(6/15号)

 レナウンをはじめとし、どの産業も構造の変化が発生し始めている。どれだけ対応し、変化できるかがニューノーマルで生き残るための必要条件になるのではないか。これまでも業界の垣根を越えたサービスレベルの向上がうたわれていたが、なかなか実現に至らなかった。今後はDX(デジタルトランスフォーメーション)が急激に浸透することで、実際に重たい腰を上げる企業が増え、明るい未来を作り出すことを期待している。

匿名希望(埼玉県、会社員、43歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1035文字 / 全文1294文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。