新しいモノを生み出す力を見せてほしい

「特集 東大の力」(6/8号)

 東大生と聞いて、イメージするのは「インテリ」「常識がない」「上から目線」などだろう。しかし、実際に東大生と知り合いになると、とても面白い人だったり、とても常識的でマナーやモラルがしっかりしていたりする。冒頭に書いた印象は、おそらく勉強のできない自分のやっかみがかなりあるのだと思う。世間が日本の学校を9月入学にしたらどうかという議論で揺れているとき、既に東大は1年を4つの期間に分け、9月からスタートしている部分もあると聞き、「さすが進んでいるな」と驚いた。これからの世の中は、過去にあったことを記憶して再生できる能力で生きていける時代ではなくなってくるだろう。新しいモノを生み出す力を東大が先陣を切って見せてほしい。

竹内 祐司(愛知県、会社員、57歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り944文字 / 全文1312文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。