全1161文字

「人財」が成長のドライバーになる

「特集 イノベーションの新作法」(4/6号)

 就職活動をしていた頃、会社を成長させていくのは「人財」であると耳にした。先人たちが時間をかけて、知財として残していく。その時に芽が出なくても、時代が流れ、工夫すれば芽が出る可能性を秘めている。異分野の知見を取り入れる「オープンイノベーション」は会社を成長させる一つの戦略であるのは間違いない。人財が社内の知財を生かすことで、さらに会社が成長するきっかけになるのではないだろうか。

匿名希望(東京都、会社員、36歳)