「人財」が成長のドライバーになる

「特集 イノベーションの新作法」(4/6号)

 就職活動をしていた頃、会社を成長させていくのは「人財」であると耳にした。先人たちが時間をかけて、知財として残していく。その時に芽が出なくても、時代が流れ、工夫すれば芽が出る可能性を秘めている。異分野の知見を取り入れる「オープンイノベーション」は会社を成長させる一つの戦略であるのは間違いない。人財が社内の知財を生かすことで、さらに会社が成長するきっかけになるのではないだろうか。

匿名希望(東京都、会社員、36歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り908文字 / 全文1161文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。