星野代表の成功の方程式の答えに期待

 「時事深層 星野リゾート代表インタビュー」(4/6号)

 今年2月に旅行代理店に勤める友人と話した時、「新型コロナウイルスの影響がゴールデンウイークまで続いたら倒産してしまう」と話していた。緊急事態宣言が出て、さらに現実味を帯びてきているだろう。事態が落ち着いた時に友人の会社を利用したいが、今はこの危機をしのいでくれることを祈るばかりだ。そんな中、星野リゾートの星野佳路代表の言葉は力強い。ネガティブなイメージの「3密」を逆手にとり「密閉、密接、密集を回避する旅をつくる」との考えに驚かされた。交通手段、ホテルの食事、温泉、観光地など、楽しい思い出に3密のどれかは欠かすことができない。どんな旅をプランニングするのか。代表の成功の方程式の答えが楽しみだ。

古屋 弘志(東京都、会社員、49歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り904文字 / 全文1274文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。