「高くても欲しい」商品こそメーカーの役割

「ケーススタディー 湖池屋」(2/17号)

 コンビニエンスストアや大手スーパーマーケットの菓子陳列棚はプライベートブランド(PB)商品が中心となり、価格は安く、味も悪くないが、選ぶ楽しさはなくなったと感じていた。湖池屋では2016年に佐藤章社長が就任して以来、開発時に消費者理解を徹底することで商品のブラッシュアップを繰り返しているという。トップの能力だけに頼るのではなく、社員の意識を変えた開発体制を作ったことは今後の強みとなるだろう。材料費や人件費の高騰で商品を値上げせざるをえなくなった時に力を発揮するのはブランドで、「高くても欲しい」と思ってもらえる商品を開発できるのがメーカーの強みであり役割なのだと思う。

匿名希望(東京都、会社員、42歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り781文字 / 全文1135文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。