小売りのIT導入、消費者の利便性も重要

「特集 アマゾン撃退法」(1/20号)

 米ウォルマートのIT(情報技術)を取り入れた店舗展開は日本の小売店も学ぶべき点はあると思う。だが、店舗の規模や少子高齢化社会での消費構造の変化などを考えると、買い物の行動パターンは供給メーカーの求めるものに変化していくのだろうか。消費者がITを使いこなし、それが定着するかどうかは疑問が残る。

 最近、カメラを購入しようと量販店を見ても、メーカーの出荷や開発の動向などを把握できず、自分が求める性能を満たす製品を見つけられなかった。供給サイドの効率だけではなく、消費者サイドの動向も見極める必要があるのではないだろうか。

赤間 廣(神奈川県、無職、70歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り856文字 / 全文1178文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。