サントリーは巨額M&Aの成功事例

「ケーススタディー サントリーホールディングス」(11/25号)

 サントリーホールディングスが米ビームという外国企業の買収をしたが、M&A(合併・買収)の成功例だと思う。記事から、現場に深く関与し、現場からの信頼を得ることの重要さが伝わってきた。同社は非上場企業であるがゆえ、トップの権限が強いといった点もあるだろう。ただ、この買収による成長や改革は他の企業の参考になると思う

匿名希望(東京都、役員、81歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り988文字 / 全文1219文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。