信教問わず住みやすい国に

「特集 『ブラック国家』ニッポン」(8/19号)

 先日、近所のコンビニで「何か雰囲気が違うな」と思い店内を見ると、店員がみんな日本人だった。私の感覚ではコンビニでは外国人が働いているのが当たり前だ。ただ、よく行く店舗では、外国人従業員が頻繁に入れ替わっている。外国人が働く場として日本の魅力がなくなっているとしたら残念だ。だが、日本には長所もある。日本人はあまり特定の宗教を排除することはない。今は世界各地で宗教を背景にした対立が起きているが、日本はあまり影響を受けず安心して働ける国ではなかろうか。半面、日本人は神道や仏教以外の宗教への理解が少ないと思う。各宗教の食べ物に関する戒律などを理解し、どんな宗教の人でも住みやすい体制を整える必要があると思う。

細井 邦生(東京都、会社員、56歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り539文字 / 全文1150文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。