若手社員と企業の間にギャップ

「特集 できる若手がなぜ辞めた」(8/26号)

 若手社員と企業側の考え方のギャップについて書かれた特集を読んで、優秀な若手人材が辞める背景には誤解と真実があることがよく理解できた。

 優秀な若手社員を引き留めるためコミュニケーションを取ろうとしても、それが逆にストレスを与えてしまう。私も人事管理部署に所属しており、若い社員の考え方に苦慮している。特集の中に「悪い話をした方が定着する」という一節があり、目からうろこが落ちる思いだった。ついつい、より良い会社の理想像などを説こうとしがちだが、それが逆効果になる場合もあるという。記事は互いの考え方のギャップに気づかせてくれた。

矢田 智幸(北海道、会社員、56歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り824文字 / 全文1153文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。