特殊詐欺は許せない

「スペシャルリポート 振り込め詐欺のエコシステム」(8/12号)

 私の母は数年前、振り込め詐欺の被害にあった。まさに記事にある手口と同じで、「へんとう炎になって……」で始まる息子(私)を装った電話を受けた。比較的少額の金銭から始まり、翌日には数十万円の振り込みをしてしまった。途中で疑いを持った父から私に連絡があり詐欺が発覚したが、その間、母は2度目の振り込み準備を進めていた。日頃から連絡を取り合う間柄だっただけに、まさかの思いが強かったが、普段仲が良い親子ほど「自分は大丈夫」という意識が働き、だまされやすいと聞く。

 高齢者を食い物にする特殊詐欺は断じて許せないが、詐欺の組織は複雑で、末端の受け子は逮捕できても主犯にたどり着けないケースも多いと聞く。一度出来上がった詐欺のエコシステムを壊滅させるのは簡単ではないと感じた。

匿名希望(東京都、会社員、42歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り867文字 / 全文1266文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。