全1264文字

変化し続けることが退化を防ぐ

「特集 村田製作所」(6/3号)

 たとえ未来を提示されても、ほとんどの企業は目の前の現実をこなしていくしかない。その先に生き残るのか、終わってしまうのかの分かれ道があるわけだが、今回特集されていた村田製作所は、常に先を見て、今を過ごしているのだなということがよく分かった。それが最強の秘密なのだろう。販売されているEV(電気自動車)を分解し、搭載されている電子部品を数えクルマの進化を把握するなんて、およそ考えつくことではない。そういうことをしているから、これから何をしたらいいのかという指針も見つかるのだろう。一発ヒットにあぐらをかいて、左うちわなどという時代は終わった。常に変化し続けることが退化しない道なのだろう。

 竹内 祐司(愛知県、会社員、56歳)