世界基準の人材育てる仕組みづくりを

「特集 はじける? AIバブル失敗の法則」(5/20号)

 AIについては、ネガティブに捉えればITの読み替えともいえるが、近年の進歩を考えると社会を大きく変える原動力にもなり得る。大事なのは、かつて日本の得意分野だったハード、ソフトについて、その仕組みづくりをリードしていく視点だ。果敢にチャレンジしていける人材を育成し、それを支える教育、社会システムを整えることが必要だろう。全体の教育レベルを上げることも重要だが、突き抜けた人材を輩出し、それがグローバル社会の中で磨かれるようにすることで、日本の未来を支えてほしい。飛び級、奨学金、留学、通年採用、終身雇用の改善、起業のしやすさ、雇用の流動化、失敗への寛容度を高める──などを強力に進めていく必要があろう。

佐藤 栄(東京都、地方公務員、50歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り771文字 / 全文1144文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。