日産の問題は人ごとではない

「特集 日産の正体」(4/1号)

 特集を興味深く読んだ。会社の象徴的存在でもあったゴーン氏が去った今、日産のアイデンティティーは何だと問われると、確かに私にはよく分からない。強いリーダーシップに頼り切ってきたからではないかと感じた。強すぎるリーダーシップをけん制する仕組みはもちろん、周囲が異変を感じたら、すぐに「何かがおかしい」と指摘できる会社の風土づくりが重要だと思う。

 日産で浮かび上がってきた課題は、どの会社・組織にもある程度潜んでいる。良かれと思って強いリーダーに従うだけでは、ある日、ふと振り返ったときに道を踏み外していた、ということになりかねない。人ごとではなく自分のこととして、しっかりと動向を見ていきたい。

大崎 達哉(福岡県、会社員、55歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り937文字 / 全文1286文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。