都心はバブル期以上の混雑

「時事深層 読めない10連休に期待と不安」(4/1号)

 都心で生まれ狂乱バブル期も経験した。今は東京都の郊外で暮らし、地元企業で働いている。先日、子供を「新しい東京見物」に連れて行った。都心のホテルに泊まり、地下鉄の1日券でたくさん見て回ろうとした。しかし計画の半分は諦めてしまった。どこもバブル期以上の混雑でうんざりしてしまったからだ。観光地もレストランも花見客と外国人観光客でいっぱいだった。

 まもなくゴールデンウイークが、そして来夏には東京五輪・パラリンピックがやってくる。連休やイベント時は都心に出かけてはいけない。そんなシミュレーションをしたような休日だった。

匿名希望(東京都、会社員、56歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り855文字 / 全文1181文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。