長崎県と佐世保市が計画するダム建設の差し止めを求めた裁判で、住民側の敗訴が確定した。計画が本格始動してから半世紀にわたり反対してきたが、このままだと先祖伝来の土地が水没する。自然豊かな集落を子や孫の世代に残せるよう、座り込み抗議を継続し、抵抗の構えを崩さない。

[石木ダム建設に反対する川棚町民の会代表]
炭谷猛氏
1950年長崎県川棚町生まれ。69年に高校を卒業し、川棚町にある東芝セラミックス(現クアーズテック)の拠点で働き始める。2010年に退職し、13年ごろに「石木ダム建設に反対する川棚町民の会」の代表に就く。19年から川棚町議。
[画像のクリックで拡大表示]

 私は生まれた時から現在に至るまで、ずっと長崎県川棚町の川原(こうばる)地区に住んでいます。長崎県と佐世保市が現在、川原を流れる石木川をせき止めるダムの建設を計画しています。完成すれば、自宅と一緒に古里が水没してしまいます。

 わらにでもすがる思いで、県と市を提訴したのは2017年のことです。しかし最高裁判所は22年9月、川原の住民や支援者の上告を棄却し、私たちの敗訴が確定してしまいました。

 最初から行政訴訟で勝つのは難しいことは分かっていました。それでも弱い立場の人々を救うのが裁判所の役割だと期待していただけに、残念です。

 私は自分のことを、「敗軍の将」だとはまだ思いたくありません。川原の住民は依然として闘っています。ダム本体の工事と、水没する予定の県道の付け替え工事を阻止するために、連日のように2カ所の現場で座り込みを続けています。ダム建設を中止に追い込むべく、法的にも何かしらできる余地が残っているんじゃないかと信じています。

水需要は減っているのに

 ダム建設は理にかなっていないというのが私たちの主張です。県などは、ダム建設の目的の一つに治水を掲げていますが、堤防の増強と川ざらいで水害は防げるはずです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1458文字 / 全文2248文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。