北海道・知床半島沖で小型観光船「KAZU1(カズワン)」が沈没した事故から4カ月余り。知床観光の拠点、斜里町は観光のハイシーズンを迎えたが、コロナ禍も重なって客足の回復は鈍い。乗客の捜索活動は今も続いており、「知床に来てくださいとはまだ言いづらい」と苦悩を明かす。

[知床斜里町観光協会会長]
野尻勝規氏
1968年北海道斜里町生まれ。92年、明治学院大学経済学部卒。2008年から家業の丸あ野尻正武商店の代表取締役社長として、地元の海産物を加工した商品の製造・販売などを手掛ける。17年から知床斜里町観光協会会長。

 4月23日、観光船運航会社「知床遊覧船」の船舶、カズワンが海難事故を起こしました。乗客・乗員計26人のうち14人が亡くなり、(8月下旬時点で)12人が依然として行方不明という大惨事となりました。知床遊覧船は当観光協会の加盟企業であり、私は会長として責任を痛感しています。捜索活動は今も続いていますが、全員がご家族の元へ帰っていかれることを切に願っています。

 事故発生から4カ月余りが過ぎましたが、知床観光に携わる者として何カ月が過ぎようが「区切り」というものはありません。事故の記憶は今後もずっと背負い続けなければいけません。それほど大きな事故でした。今も斜里町役場には献花台が設けられ、被害に遭われた関係者や道内外の来町者が献花に訪れています。

 斜里・羅臼両町にまたがる知床は2005年7月、世界自然遺産に登録されました。ヒグマやシャチなど野生動物を観察する観光船と、知床連山や知床五湖へのトレッキングなどを楽しむネーチャーガイドの2つが、観光業の柱です。閑散期だった2~3月に実施する流氷や厳冬期の自然と触れ合うエコツアーなども、近年は人気を集めています。一年を通して観光客が来るようになり、斜里町への年間観光客数はコロナ禍前まで、日帰り客と宿泊客の合計で約120万人に達していました。それがコロナ禍後の20年に71万人、21年には53万人まで落ち込んだので、観光業界として22年の反転攻勢にかける思いは強かったです。

 ですが、事故は町の観光業に大きなダメージとなりました。今年4~7月に斜里町を訪れた観光客は約20万6000人で、前年同期比7割近く増加しましたが、コロナ前の19年の同じ時期と比べれば43%のマイナスです。北海道のほかの観光地と比べて、回復が遅れてしまいました。5月の連休を控え、観光関係者みんながやる気になっていた矢先の事故でした。観光関係者のみならず、約1万1000人の全町民の心に暗い影を落とす出来事となってしまいました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1428文字 / 全文2518文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。