新型コロナウイルス禍の中で開業した都市型の「カワスイ 川崎水族館」(神奈川県川崎市)。既存の商業ビルに入った日本初の水族館として注目されたが、2年足らずで破綻した。いったん魚を入れると停止はできず、維持費が重荷になった。新たな運営会社のもとで再出発している。

[カワスイ 川崎水族館・館長代理]
小川泰史氏
1979年生まれ。東海大学海洋学部卒業後、鴨川シーワールド(千葉県)で16年勤務。名古屋市のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」のオープニングスタッフとしてアクアリウム設置などに携わった。2019年冬からカワスイ副館長を経て現職。

 「カワスイ 川崎水族館」は、駅前や中心市街地に立地するいわゆる都市型水族館です。JR川崎駅前の商業施設「川崎ルフロン」の9・10階に入っており、広さは約7000m2。多摩川、オセアニア・アジア、アフリカ、南米、アマゾン、それにパノラマスクリーンの6ゾーンに分け、淡水魚や爬虫(はちゅう)類など約300種の生きものを展示し、私は現場責任者として館長代理を務めています。

大きな水槽はなく、淡水魚を展示している
大きな水槽はなく、淡水魚を展示している

黒字はたったの2カ月だけ

 新型コロナウイルス禍が発生して間もない2020年7月にオープンしました。緊急事態宣言や外出自粛要請のもと、入館者数の制限や営業時間の短縮が重なり、厳しい経営状況が続きました。一般的に水族館はオープン後にたくさんの入館者を数え、そこから徐々に落ち着いていくのですが、コロナ禍で集客を望めず、黒字を達成したのは開館直後の2カ月だけで、年間来館者数も初年度は想定の半分以下となりました。

 飲食店やグッズショップで収益を得られなかったのも痛かった。資金繰りの悪化に歯止めがかからず、22年3月に運営に関わった水族館企画会社、アクア・ライブ・インベストメントとグループ会社が民事再生法の適用を申請。運営は7月から、アイ・レジャー・エンターテインメント(川崎市)に変わりました。多くの方々にご心配とご迷惑をお掛けし、おわび申し上げます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1541文字 / 全文2377文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。