川下りのスリルを楽しむラフティング。埼玉県長瀞町で利用が低迷している。知床半島沖の観光船沈没を見た消費者が、水難事故を恐れていることが一因のようだ。新型コロナウイルス禍からの再起をかけた矢先の逆風に、関係者は肩を落とす。

[ファンテック代表]
大沢匡氏
1959年福島県生まれ。元カヌーフリースタイルの選手で、91~94年に日本チャンピオン。98年から長瀞でラフティングツアーを始め、有限会社ファンテックを設立した。2000年代から特にラフティング事業に力を入れてきた。

 ラフティングは大きなゴムボートで川を下るスポーツです。1艇9人乗りなど、家族やグループで楽しむのに最適です。私は長瀞町の中心を流れる荒川区域でツアー会社ファンテックを営み、当社は地元7社を束ねる長瀞ラフティング業者協議会の事務局を務めています。

ラフティングはゴムボートに乗って激流の川を下るスポーツ。
ラフティングはゴムボートに乗って激流の川を下るスポーツ。

 ゴールデンウイーク(GW)の1週間前に当たる4月下旬、予約の電話が鳴り響くのかなと思っていたのですが、思った通りにならず「何かおかしい」と異変を感じました。協議会の各社に聞いてみると、どこも予約がかなり減っていました。ラフティングだけでなく、他の地域のダイビング事業者に聞いてみても、客足は良くない状況。この状況は今になっても続いており、水場のアウトドア事業者は総じて集客に苦しんでいます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1759文字 / 全文2325文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。