コロナ禍の前から、イベント中の医療提供体制に問題があったのかもしれないと思っています。近年、野外スポーツを巡る熱中症の問題が大きく取り沙汰されてきました。ロッキンも野外で開きますから、我々も対策は十分に取ってきたつもりでしたが、いろいろと課題はあったのだと思います。ひたちなか市では、救急搬送者の約6割は市内の病院で受け入れられるものの、約4割が市外の病院に運ばれるそうです。

 25周年、30周年ではひたちなかに帰ってくるという言葉をいただいています。そのために、開催時期や時間帯を見直したり、医療体制の充実を図るための提案をしたりと、できることはしていきたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り965文字 / 全文2544文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年3月21日号 116~117ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。