当選16回の大ベテランが、在職50年を目前にして、昨年の衆院選で涙をのんだ。保守分裂となった熊本2区で、同門である財務省出身の無所属新人に敗れた。政治家引退を決めたが、半世紀近いキャリアを生かして国のために尽くしたいと話す。

[元自民党税制調査会長]
野田 毅氏
1941年東京都生まれ。東京大学を卒業後、大蔵省(現財務省)へ。72年の衆院選で初当選。税財政や社会保障など、政策通として鳴らした。当選回数は解散前の衆院で自民最多の16回。くまモン柄のネクタイを欠かさない。(写真=伊藤 菜々子)

 支持者の皆さんのお世話になるのもこれが最後だという思いで、昨年の衆院選を戦いました。1972年の初当選以来、約半世紀にわたって支えてくださった仲間には、ただ感謝、感謝、感謝ですね。まずはそのことを申し上げたいと思います。

 今回の選挙でも支持者の皆さんは一生懸命頑張ってくれました。ただ、もう一度挑戦できるかと言えば、それは現実問題として無理でしょう。僕を支えてくださった方々の中には、鬼籍に入られた方も多いし、思いはあっても身体が動かないという方もいます。今後はもう選挙には出ないと思いを定めました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1945文字 / 全文2453文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。