北海道の中川町は町内のJR歌内駅について、コストを負担する「自治体管理」をわずか1年で終了。この結果、100年近い歴史を持つ駅の廃止が決まった。人口減少が進む自治体の財政難、地方の公共交通機関の維持の難しさがにじむ。

(写真=船戸 俊一)
(写真=船戸 俊一)
[北海道中川町長]
石垣寿聰氏
1967年中川町生まれ。高校卒業後、中川町役場に入庁。企画財政室長、産業振興課長などを経て2019年に町長に初当選。中川町は北海道の北部に位置し、人口約1400人。化石の産出などで知られる。

 北海道の中川町はJR宗谷本線の歌内駅を4月、町が管理する「自治体管理」に移行したばかりですが、2022年3月にこの施策を終了することを決めました。自治体管理を終えるのはJR北海道の管内で初めてです。他に管理の担い手がいないため、歌内駅はこの時点で廃止になります。長い歴史を持つ駅だけに残念な気持ちは確かにありますが、やむを得ないととらえています。

<span class="fontBold">町管理が終了し、廃駅となるJR歌内駅の駅舎</span>(写真=船戸 俊一)
町管理が終了し、廃駅となるJR歌内駅の駅舎(写真=船戸 俊一)
<span class="fontBold">中川町は山間の静かな町</span>(写真=船戸 俊一)
中川町は山間の静かな町(写真=船戸 俊一)

 中川町は北海道の北部の山間部に位置しています。人口は林業が盛んだった昭和30~40年代には7400人ほどいたのですが、その後は林業の衰退とともに減少が続いています。現在は建設業や酪農が地域産業の中心であり、人口は1400人ほど。高齢化が進んでいます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1852文字 / 全文2390文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。